SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

よしだくん日記

林家染二のブログ「よしだくん日記」でございます!
はんなり
0
    4月後半になりました。

    1ヶ月更新していませんでした。おかげさまで、4月2日の「上方林家 染二爛漫」無事に大入りで終了。ありがとうございました。

    次の今月の山場は、昨日の「いけだ落語うぃーく」。「紙屑屋」。林家では「浮かれの屑より」。太鼓持ち・歌舞伎の立役と女形の3つを踊り、落語として進めて行く。お囃子さんや鳴り物の力量とも合わなければやれません。さらにスペシャルゲストが、山村流ご宗家友五郎先生。全然聞いてなかったのでびっくり!ご宗家がいらっしゃるところで踊るのですから、おわかりになりますか、このプレッシャー(笑)。もちろん噺家だとおわかりですが、あまりみっともないことは出来ません。

    お囃子は、浅野美希さん。二度稽古で合わせました。本当によくご自分でも稽古していただき、心地よい素晴らしい出来でした。

    「浮かれの屑より」は、初演の頃は夢中でやるのでウケます。師匠に「もう稽古をするな。今の自分の力量の中で小さく固まる。」と言っていただくほど稽古しました。
    それから年月が経つと落語そのものの怖さもわかって来て、無意識に形を整える予定調和となり、ウケが弱くなります。芸は、無心、無垢が大切ですね。この噺は、自分も楽しまなければいけないと再認識しました。

    昨夜は、テーマに沿って噺の趣向をきちんとお見せする責任が重大。役目は果たせたと思います。

    スペシャルゲスト山村友五郎先生にお会いするのは、2回目。舞を初めて拝見しました。
    ただただ衝撃的でした。やわらかで艶があり、上品で美しい。体幹から匂い立つ芸。それがまたとても自然。無駄な作り事がない。
    厳しい芸の鍛錬から当然生まれるのですが、その険しさが消え去っている。人としても心をやわらかに育まないと出来ることではないのでしょう。

    今、こんなに凄い方に出会たことは、これからの自分の芸に生きるだろうと思います。またお年が近い。

    またそっと勉強に行かせていただこう。いけだ市民文化振興財団の皆様に感謝。


    | - | 19:40 | comments(0) | - | - | - |
    千秋楽
    0
      12日に.息子吉田知生が出演させていただいた、NODA MAP「足跡姫」が大盛況の内に千秋楽を迎えました。

      稽古から約3カ月間。61公演。初舞台で日本の演劇界を代表するプロフェッショナルの皆様と過ごさせていただいたことは、本人にとり大きな糧になりました。お世話になったら皆様、応援していただいた皆様に厚く御礼申し上げます。

      自分で書類選考から挑んだ今回の公演。3度舞台を観ましたが、あの一流の舞台で懸命に芝居をする姿が不思議でした。千秋楽のスタンディングオベーションの中の晴れやかな顔を見て、ホッとして涙が。

      終演後よしだくんのママと3人で軽く祝杯!「本当によく頑張った!」と握手して帰阪。

      一番の学びは、一流のプロフェッショナルは、穏やかで真摯だということだそうです。よしだくんも大変勉強になりました。

      何にもしてないのに、今日はグッタリ(笑}。明日から稽古だ!





      | - | 23:53 | comments(0) | - | - | - |
      家の芸
      0
        25日に、繁昌亭夜席「天神寄席」で「景清」をやらせていただきました。二代目染丸師匠から代々染丸の十八番。

        滑稽噺・人情噺・芝居噺の三要素がある噺。最初、どんな感じでお客様を引きつけるのか迷いながら。
        途中、お客様のすすり泣きが聞こえて来たり、手を合わせて主人公定次郎の目が見えるように祈っていらっしゃるお客様がおいでになったり。噺は、本当に生物だと思いました。

        次は、4月2日日曜日 天満天神繁昌亭 18時開演「上方林家 染二爛漫」でやらせていただきます。チケット発売中です。

        時同じくして25日、娘夫婦がハネムーンのメキシコ・カンクンから帰って来ました。成田からヒューストンを経由して15時間ほど。無事で何より。飛行機の運航状況を調べてたら、「ストーカーか」と、よしだくんのママ(家内)に言われた。何と言うことを。二人でしっかり幸せな人生を送って行くのだなと。

        息子も毎日満員のお客様の喝采を浴び舞台に立っている。

        マイホーム噺家卒業宣言!


        | - | 17:28 | comments(0) | - | - | - |
        刺激
        0
          「龍大落語会in繁昌亭」大入り満員ありがとうございました。お寒い中のご来場感謝しております。

          久しぶりの「らくだ」。ほぼ同じセリフなのに約10分長くなっている。噺の大きさに押されずやらしていただけたかなと。もう一席は「茶屋迎え」。

          「師匠の芸妓は色っぽくて抱きしめたくなる!」と打ち上げでお客様に言われた。噺家としては、とても嬉しいのですが、その方はおじさんなので、丁重にお断りした{笑)。

          さて!友人の近藤五郎さんの最新刊「剣客将軍徳川家重 賢兄賢弟」(コスミミック 時代文庫)を読了しました。昨年末に贈っていただいていたのですが、なかなか落ち着かなかったので今日になりました。

          どんどん魅きつけられ一気に読みました。約18年のご縁。同い年で某放送局プロデューサー。最初の作品から読ませていただいていますが、読書としての高揚感が一作毎に増し、その根幹のエネルギーに感動します。皆様も是非!
          | - | 19:07 | comments(0) | - | - | - |
          大移動
          0
            千葉県で仕事をいただいたので、息子吉田知生が出演させていただいている、NODAMAP「足跡姫」を観劇。

            まずよしだくんの両親を連れて新幹線に乗り東京へ。柴又や寅さん記念館を観光して池袋のホテルへ。父親が肉汁があふれるハンバーグが食べたいというのでホテルのそばのお店で食事。肉汁は、にじみ出る感じだった{笑)。

            そして両親を連れて観劇。休憩時間に、母が隣の席の見知らぬ女性のお客様に飴を配っていた。大阪人だわ。82歳の母は、孫と妻夫木聡さんを間違えていた気がする(笑)。

            終演後ホテルの部屋に息子が登場。祖父母と楽しく会話して記念撮影。そして息子と新宿に移動して最終電車まで焼肉屋さんで打ち上げ。

            お芝居は、驚嘆と感動。そこに息子が立たせていただいていることに感謝。また不思議でもあった。

            そして翌朝から両親を浅草観光に連れて行き、正午に新幹線が東京駅を出発するまでホームで見送り、浦安市へ仕事に。

            必死で「明るい選挙」がテーマの講演と落語。控室でいただいたお茶が美味しかった。和菓子もわざわざお求めいただいていた。感謝。お客様には好評でホッとした。もうフラフラ。

            そして池袋のホテルに戻り、よしだくんのママと両親、兄と合流。みんなが観劇している間に、終演後に息子も合流して食事する店を、劇場とホテルの間を何度も回り予約。

            終演後にお店へ一行を誘導して、賑やかな食事会。

            翌朝、母と祖母は、息子の下宿の掃除。その間に、よしだくんのママの父と兄のリクエストで、息子と行った新宿のお店で焼肉ランチ。そして新幹線まで時間があるので、スーパー銭湯へ。そして東京駅で合流して、新幹線に乗り、間もなく新大阪へ。

            明日は、休みます。みんな無事で何より。

            長々失礼しました。

            | - | 17:24 | comments(2) | - | - | - |