SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

よしだくん日記

林家染二のブログ「よしだくん日記」でございます!
追善興行
0
    23日「いけだ落語うぃーく 林家一門お囃子」で、寄席三味線方無形文化財林家とみ師匠50回忌追善興行が、全9回公演無事に終演出来ました。千秋楽は、師匠染丸が出演して、思い出話の後、自分の出囃子正札付の太鼓を打つ趣向もあり大盛り上がり!。
    門弟それぞれが追善興行で奮闘してくれました。ご来場いただきました皆様、関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。

    そめじいも奮闘中!出来る時は、孫のおっぱいの源であるママの為に、朝野菜たっぷりのスープを作っています。ばばさまは、スムージー。野菜と動物タンパクを考えた食事をと、食卓は賑やかです。

    孫は、朝目覚めるとお風呂。とても気持ち良さそうで、そのあとママのおっぱい飲んで、これまたご機嫌でスヤスヤ。
    「朝から、ひと風呂浴びて、ママのおっぱいチュチュとやって、ベッドで寝たら極楽だぜ!」という感じです(笑)。

    私も「朝からからひと風呂浴びて、妻の…。」ああ恐ろしい(笑)。極楽と…。
    | - | 09:21 | comments(0) | - | - | - |
    初孫
    0
      13日に娘が初孫となる男の子を出産し、おじいちゃんになりました。

      よく出来た子で(笑)、お父さんが2日続きのお休みの土曜日の朝から陣痛が始まり、お父さんの運転で両親の母校である大学病院に入院。

      私が神戸新開地喜楽館の高座に上がった15時に破水して、落語を演じている最中の15時21分に無事出産。素晴らしい経験を孫がさせてくれました。
      お父さんは、父であり医師なので分娩に立ち合うことが出来、私や妻の両親もひ孫を見ることが出来、何よりお父さんの家系の跡取りとして産まれました。母子共に健康!よしだくんのママ(妻)もしっかり元気な産声を聞いて感激!。

      昨日も病院へ行って抱いたら重くなって成長を感じました。娘が孫に「これからいろいろ買ってもらおうね!」と(笑)。そめじい頑張ります!
      | - | 06:44 | comments(0) | - | - | - |
      奮闘中!
      0
        「林家とみ50回忌追善 寄席囃子ウィーク」本日千秋楽です。残念ながら師匠染丸は、体調不良で一週間休演。師匠のいない楽屋は、ポッカリ穴が空いた感じでしたが、ゲストの師匠方にお助けいただき、普段では経験出来ない出番位置の門弟達も皆奮闘して、大変連日盛り上がり、日替わり出演のお囃子の師匠方にも喜んでいただき、番頭の私はホッとしています。今日私は、休演させていただき別のお仕事に参りますが、千秋楽も一門が奮闘してくれることと思います。

        初日は、昼席「天神山〜障子曲書き〜」。夜トリイホールでの追善興行で「妾馬」と昼夜トリを勤めました。トリイホールは、桂米團治師匠にプロデュースしていただき、枝雀師匠ご夫人かつら枝代師匠特別出演で大入り満員。様々なエピソードを伺い、とても勉強になりました。

        師匠染丸は、明日退院し、23日いけだ落語うぃーくには出演予定です。チケットかなり余裕があるようです。どうぞよろしくお願い致します。寄席囃子をたっぷりご披露致します!

        14日には、東京のブルーバーで落語会がございます。息子の俳優吉田知生がトークで出演。只今東京演劇道場で、野田秀樹さんにご指導いただいています。詳しい落語会情報は、林家染ニホームページをご覧ください!息子初親子共演奮闘中!

        初産の産休に入っている娘は、毎日夕食を作り、毎朝早く起きて残り物は一切使わずお弁当を作って旦那さんに持たせているそうです。もうすぐママも奮闘中!

        よしだくんのママは、ダイエットに奮闘中!(笑)。

        | - | 07:54 | comments(0) | - | - | - |
        感謝
        0
          自分の会の宣伝忘れてましたが(笑)、昨夜「上方林家 染ニ爛漫」お立ち見が出る大入り満員ありがとうございました。

          4年ぶりくらいに「百年目」をやらせていただきました。
          米朝師匠の十八番。師匠染丸にずい分前に稽古していただきました。
          師匠に教えていただいた資料、大師匠三代目染丸、米朝師匠、志ん生師匠、圓生師匠、小南師匠、志ん朝師匠、さん喬師匠、志の輔師匠を聴かせていただき、練り直しました。

          噺の年齢に自分が近づいたのでしょうか。何とか出来るようになりました。人それぞれの立場の学びがテーマでもあります。久しぶりに弟子が入りました。日常に噺の稽古になる環境が出来るものですね。百年目に学ぶことが多いです。

          独演会を始めた若い頃のような達成感があります。お客様のおかげです。

          妻は、弟子から「おかみさん」と呼ばれています。おかみさんが力を発揮する時が来たようです(笑)。大丈夫か。

          | - | 20:04 | comments(0) | - | - | - |
          目白押し
          0
            只今噺家生活34年。今様々転機ですね。

            今まで毎日ではありませんが、舞台と同じ声で稽古しないと体に入らないので、噺家さんにもよりますが、表情も所作も含めて、どう登場人物それぞれをお客様に共感していただけるかを考えて、鏡の前で2時間から若い時は4時間くらい稽古していました。しかし勤続疲労と加齢で声帯の痛みが早くなりました。もうこんな稽古は、止めることにしました。ちょっとショック(笑)。

            直球で押すピッチャーが変化球を織り交ぜ、コントロールに磨きをかける感じですね(笑)。いつかは、そういう時期が来る。長く声を大事にすることを高座でも意識すると、噺も変わって来ます。それが理想とする形なんですね。力で押し付ける笑いの内発的な癖を治して、さらにバージョンアップします。今スタートラインに立つ意識が大切です。いろいろな現在の立場もありますが、あらゆる意識を捨て、噺だけを考えて生きたいと思います。

            そのひと区切りが先人に感謝しての林家とみ師匠50回忌追善。上方落語の大恩人で、大衆芸能分野で初めて無形文化財になられた2代目林家染丸師匠夫人林家とみ師匠。とみ師匠が口伝や音源を含めた資料を残してくださらなければ、上方落語の多くが残りませんでした。それを師匠4代目染丸が、音源・資料・譜面で後世に残しました。師匠は、噺家自身が三味線を弾き、唄い、噺を実演しながら寄席三味線方を養成した落語の歴史で初めての偉大な噺家です。
            下記の公演で、是非上方落語の寄席囃子の世界をお楽しみください。

            林家とみ50回忌追善 寄席囃子ウイーク
            4月1日から7日 天満天神繁昌亭昼席

            その他の関連追善公演

            4月1日 18時30分開演
            千日前トリイホール
            ※とみ師匠の孫弟子で桂枝雀師匠夫人 かつら枝代師匠特別出演

            4月23日18時30分
            池田市民文化会館アゼリアホール
            ※寄席囃子の魅力満載の解説と実演をたっぷりご覧いただきます!

            トリイホール以外、林家染丸全公演出演予定です!
            | - | 11:22 | comments(0) | - | - | - |