SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

よしだくん日記

林家染二のブログ「よしだくん日記」でございます!
<< 大看板 | main | 時期 >>
天満天神繁昌亭大賞
0
    先週天満天神繁昌亭昼席は、「桂文三 天満天神繁昌亭大賞受賞記念ウィーク」。よしだくんは、約9年前に第二回大賞受賞。

    千秋楽に中トリ笑福亭銀瓶さんの代演で出演。文三さんは、8年前に桂派の大名跡文三を五代目として襲名しているので、すでに大賞を受賞していてもおかしくない。現在も大賞を越える実力を持っている。

    中トリのネタは、悩みに悩み、はめものが入るネタがこの週ほとんどなかったので軽く「茶屋迎い」。この日のお客様の雰囲気には、ちょっと難しかったかな。「稽古屋」か「軽業講釈」にすれば良かったと反省。まぁ少し締まる噺も寄席なので必要ではあるのですが。

    口上は、楽しい感じがいいかと、ご本人をいじり過ぎてしまいました。また反省。あれもこれもと考えていたのですが、笑いもないと。
    しかし、よしだくんは上方落語協会理事で林家の代表なのですから、立場をしっかり考えないと。また反省。

    上方落語協会60周年、また文三さんの師匠五代目文枝師匠の13回忌の年に晴れの受賞ウィークで天満天神繁昌亭昼席のトリを務める姿。きっと師匠は喜んでおられだろうな。

    これを言えば良かった…。文三さんの明るさ、リズム良い口跡、真摯に稽古研究する姿は、後輩ながら本当に尊敬しています。きっと大看板に昇りつめるでしょう。

    これも言えば…。

    よしだくん!しっかり、腹据えて稽古しましょう。様々に思い学ぶ天満天神繁昌亭があることは幸せです。

    今月も試練は続く。真摯に反省と感謝で進みましょう。

    | - | 15:14 | comments(0) | - | - | - |