SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

よしだくん日記

林家染二のブログ「よしだくん日記」でございます!
<< 三代目林家染丸50回忌追善落語会 | main | 和歌山から池田へ行けませんか? >>
らくだ
0
    先日の三代目林家染丸追善落語会で、師匠ご指定の「らくだ」をやらせていただきました。

    この噺は、東西でやり方が違います。屑屋が酒に酔っていく過程で、東京は、屑屋がらくだへの恨み言をいいます。上方では、言いません。

    らくだも兄貴分も屑屋も、生き方が不器用だという共通点があります。どんな立場の人でも、器用に生きられ人ばかりではありません。それを人への情で笑いに包み、「みんなそうなんだ。世の中何とかなるんだ。」と肩の力を抜いていただくのが落語です。その思いが噺家に大切です。

    兄貴分が屑屋を脅しますが、お客様に恐怖感を与えてはいけません。お稽古していただいた桂雀三郎師匠に教えていただきました。

    この噺には、様々な技術が必要です。解説するのはやめますが(笑)。

    落語は、演じる噺家の生き様が出ます。ですから同じ噺でも違うので面白いのです。また同じ噺家でも進歩により、噺が深く広くなります。一番いいのは、登場人物が自然に憑依する感じでしょうか。その自然が難しい。技術を学び、人として心を磨かなければ。一方、全く気付かず鈍感力が高いという方も(笑)。それも運ですね。

    噺は難しい。しかしお客様が楽しんでくださるとうれしい。まだまだ足りないとわかっていても。
    | - | 17:55 | comments(2) | - | - | - |
    はじめまして

    昨日の「慈光寺寄席」で
    「らくだ」聴かせてもらいました。
    なるほど、おっしゃるとおり
    らくだも兄貴分も屑屋も、生き方が不器用なんですね。
    つまりみんな、単なる「無茶もの」ではない・・・

    ありがとうございます。
    今後「らくだ」の聴き方が変わってきそうですね。
    | くじらいだー@ | 2017/06/26 10:52 PM |

    ご来場ありがとうございました。

    噺は、やり方が様々ですから、いろいろな「らくだ」をお楽しみください。落語は、気楽なものです。日常のばかばかしい出来事が、何よりおかしいというアナログな世界です。
    | 林家染二 | 2017/07/03 6:14 AM |