SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

よしだくん日記

林家染二のブログ「よしだくん日記」でございます!
<< 稽古様々 | main | 大須演芸場 >>
神田まつや
0
    昨日、独演会夜の部に上演する「文七元結」のお稽古を、柳家権太楼師匠にしていただきました。

    20年前の来月9月に師匠染丸独演会で三代目林家染二襲名披露をしていただきました。その時の大喜利は噺家芝居染丸一座「文七元結」。私の役は、文七。そこで、襲名20周年記念独演会なので、落語で「文七元結」をやろうと思いました。

    「文七元結」は、東京の噺です。権太楼師匠の「文七元結」は、大阪で二度舞台袖から勉強させていただきました。まさに魂で演じる高座。人の苦悩と喜びと情がにじみあふれる。

    師匠染丸と権太楼師匠は、東京上野鈴本演芸場と大阪天満天神繁昌亭で長年二人会を開催していたご縁で、快くお稽古してくださいました。

    お稽古の後、池波正太郎先生や古今亭志ん朝師匠がお好きだった神田の蕎麦まつやさん、そしてこじんまりとしてとてもオシャレな喫茶店に連れて行っていただき、噺の了見を様々に教えてくださいました。

    噺家であることの幸せを感じて大阪に帰って来ました。

    じっくり独演会の向け練り上げます!

    | - | 23:01 | comments(0) | - | - | - |