SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

よしだくん日記

林家染二のブログ「よしだくん日記」でございます!
<< 落語教室 | main | 日々様々 >>
文七元結
0
    米團治師匠、銀瓶さん、春蝶さん、三四郎さんとの「好職五人男」が、28日お立ち見も出る大入り満員で無事9回目を終演。

    よしだくんは約半年ぶりの「文七元結」。長年噺家をしているが、こんなに疲れる噺は無い。やる度に課題が見つかる。
    高座おりてから若手が質問をしてくれた。キャリアに関係無く、感じたことや疑問を尋ねてくれ、ディスカッションすると勉強になる。
    その若手が「碁盤の下に五十両忘れていた。」と言うセリフで、お客様が「あー良かった。娘が救われた。」と安心しますねと。

    いつも考えている、お客様がどうお感じになるかを大切にする噺の俯瞰を忘れていたことに気づいた。彼に感謝しなければいけない。

    また噺を見つめ直そう。6月の慈光寺寄席でやれたらいいな。前回やってるかも。

    昨日は、「妾馬」初演。それは、次回に。
    | - | 17:00 | comments(0) | - | - | - |