SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

よしだくん日記

林家染二のブログ「よしだくん日記」でございます!
<< 追善興行 | main | 新たな一歩 >>
令和
0
    平成最後の落語会は、29日の昭和の日に、どっぷり昭和町というイベントに協賛してカフェ昭和サロンというお店でと、昭和づくし。大入り満員ありがとうございました。

    平成最後は「子別れ」通し上演。平成時代、芸の質を高める為に懸命に取り組んだのが人情噺。上中を柳家権太楼師匠にお稽古していただき、下は師匠染丸。通しで上演するのは、上方で私だけです。師匠からは、登場人物の心情の背景を描くよう指導を受けました。これから噺をさらに高めるのにとても大切なことです。
    この噺は、お客様にもお好みがあると思います。ライフスタイルは、様々です。お子様がいらっしゃらない方。実際に親御さんの離婚で、辛い思いをした方には心地よい噺ではないかもわかりません。家族の絆を大切にという教訓でもあります。
    毎日孫に呼びかけ触れ合います。肌に愛情をすり込むように生きると、人にも自分にも優しく生きる人になれるように思います。
    「子別れ」は、今後余程のことがない限り演らないと思います。この噺の学びは、他の噺に生かします。

    平成最後の夜。娘夫婦は食事に出かけ、孫と私と妻三人で自宅で食事。もっとも孫はミルクですが(笑)。とても幸せな時間です。平成は、家族という大切な宝を育んだ時代でした。

    令和は、人を心広く受け入れ、皆様のお心が柔らかに楽しく和む落語を、堂々と生きながら演じて行きたいと思います。
    皆様におかれましては、笑顔豊かな時代となられますよう念じております。
    どうぞ令和は、噺家として勝負本番ですので、ご贔屓のほどお願い申し上げます。
    | - | 06:59 | comments(0) | - | - | - |